小学生以下の矯正について

   低年齢から矯正を始めると、いろいろなメリットがあります

まだ成長途中のため、骨格の改善ができたり、綺麗な歯並びに必要な隙間を確保することができます。(歯並びの状態によっては、7~8歳を過ぎるとその隙間が確保することが難しく、永久歯を抜歯する必要が出てくる場合があります。)

また、年齢が低いと骨が柔らかく歯が動きやすいため、痛みが少ないといわれています。使用する装置によっては、早い段階である程度理想的な位置に歯が動くためブラケットの期間が短くなります。 

当院では、その子の骨格や年齢から、どの装置が適しているのか、また使用する場合適切な時期がいつなのかを判断していきます。

※低年齢から始めている方は、成長により口腔内の状態が変化していくため、定期的に検査・診断をし、最適な治療計画をお伝えしています。

7歳までに一度専門医に診てもらうことをオススメします。

相談はこちらから

歯並びチェックポイント(乳幼児期)

□ 乳歯がすき間なく並んでいる

□ 乳歯の歯並びがデコボコしている

□ 乳歯の前歯がいつまでも抜けずに残っている

□ 上の2本の前歯(永久歯)の間に5ミリ以上のすき間がある

□ 指しゃぶりや舌を突き出す癖がある

□ 前歯の咬み合わせが上下で反対になっている

□ 臼歯を咬み合わせたとき、左右にずれている


チェックの数が多いほど将来の歯並びには注意が必要です。

早めに矯正専門医に相談しましょう。

矯正相談をご希望の方はこちらからお問い合わせください。

診療カレンダー

2020年  9月



123

4

5
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


2020年  10月





123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

赤字…休診日

青字…9:00~12:00 14:00~19:00

日本臨床矯正歯科医師会
ドクターズ・ファイル