矯正装置について

矯正装置の種類

HG (ヘッドギア)

HG (ヘッドギア)

ヘッドギアは主に上顎前突症(出っ歯)の矯正治療の際に使用される矯正装置です。
上顎骨の成長抑制や上顎大臼歯の後方移動 により、上顎前歯を後退させるための隙間を作る目的で使用します。

チンキャップ

チンキャップ

チンキャップは、下あごの骨(下顎骨)または、下あごの歯を後方に移動させるために使われる装置です。

歯列矯正用咬合誘導装置       (ムーシールド)

ムーシールド

低年齢児でも使用できる受け口の改善のためのマウスピース型の矯正装置です。この装置により、乳歯期反対咬合が改善されるだけでなく、前歯の永久歯を正常な噛み合わせへと誘導したり、口腔内の筋肉のバランスを整えたり、正しい成長発育へと促してくれます。

プレート

プレート

床矯正装置は、取り外し可能な装置です。中心のスクリューを回しプレートが広がることで、ゆっくりと歯列が広がり、歯と歯の間にすき間を作っていきます。

バイオネーター

バイオネーター

深い噛み合わせを正常な咬合に矯正していく装置です。 筋肉の力を利用して下顎の成長を促します。取り外しが可能ですので、通学時や食事の際に装置を気にする必要がありません。 

歯列矯正用咬合誘導装置

ポジショナー

この装置はあらかじめ理想の歯並びで作られており、取り外しのできる装置です。ゴムの弾力を利用して歯を動かすため、できるだけ長い時間使用することで効果があらわれます。 

QH(クワッドへリックス)

QH(クワッドへリックス)

拡大床と違いこちらの装置は固定式になります。上顎・下顎を広げて、歯の並ぶスペースを作る装置です。

BH(バイへリックス)

BH(バイへリックス)

QHと同じ役割です。

LA(リンガルアーチ)

LA(リンガルアーチ)

歯の裏側に装着して、すき間を維持したり、奥歯が動かないように固定する装置です。 

バイトプレート

バイトプレート

イトプレートは取り外し可能な装置で、噛みあわせの深さを補正する役割があります。 主に混合歯列期の過蓋咬合の治療に使用され、低くなった噛み合わせを高くするために用います。

マルチブラケット

ブラケット

透明感のある素材でできたブラケットです。歯の色とも調和しやすいため、装置自体が目立つことがありません。QH,BH,LAなどですきまを作り、永久歯が生え揃ったのち「ブラケット」と呼ばれる装置を歯に取り付け、そのブラケットにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく方法です。

顎間ゴム

顎間ゴム

顎間ゴムはブラケットと併用して使用します。どちらかというと補助的な装置ですが、治療段階によっては治療結果を左右するとても重要な役割りを果たします。口腔内の状態により期間や使用方法は異なります。

保定装置(ソフトリテーナー)

ソフトリテーナー

動的治療終了後、後戻りを防ぎ、きれいな歯並びを保つための保定装置です。装置は透明で目立ちにくく、取り外しが可能です。保定期間は個人差があります。

保定装置

ノーマルリテーナー

ソフトリテーナーと同じ役割です。