矯正治療のメリット・デメリットについて

矯正治療のメリット

矯正治療のメリット

全ての健康は「物を食べる」という行為から始まります。
最近でも健康食品がブームになっています。
物を食べるということは、歯を使うこと。
そう考えていくと、健康の源は歯から始まります。
歯並びが悪いと、様々な弊害が起きてしまうと言われています。
矯正治療をすることで、この弊害を予防、あるいは治療することが可能となります。

矯正治療は子供しかできないと思われている方もいますが、何歳からでも始めることができます。下記のメリットにもありますが、見た目はもちろん、今まで抱えていたコンプレックスや、普段の食事や歯磨きなどいろいろなことが変わります。矯正治療をぜひ前向きに考えてみてください。


矯正治療の目的は歯並びを良くする事です。

歯並びが悪いと、磨き残しが多くなり、虫歯ができやすくなります。
同時に歯肉がはれやすくなり、歯槽膿漏になる可能性も高くなります。
また、歯並びが悪いと食べ物がよく噛めません。
物がよく噛めないと、あごの発達にも悪影響があると言われています。

歯並びが悪いために、口が閉じにくくなり、口で呼吸をしてしまうこともあります。
これを口呼吸といい、それが原因で風邪などの病気にかかりやすくなったり、口臭が悪化することがあります。

矯正治療で見た目の改善だけではなく、これらの問題を予防することができます。
歯や歯茎を健康に維持しましょう。

矯正治療をすることで、様々なメリットを得ることができます。
例えば…

✔虫歯、歯肉炎のリスクを減らすことができる
✔笑顔に自信がもてる
✔顔立ちが整う
✔言葉の発音が良くなる
✔歯並びが良くなることで劣等感がなくなり、心理的に良い影響を与えることがある
✔口呼吸の弊害を正し、健康な呼吸環境を整える

など、
歯列の矯正には見た目の美しさを得るだけではなく、様々なメリットがあります。

矯正治療のデメリット

歯列がきれいに並ぶことは、健康面・精神面でも大きな意味が有ることです。
しかし矯正の治療を行うことによる負担や、治療中に生じる不便さなどマイナス面もありますので、治療を始める際には注意が必要です。

 ・治療中に起こりうる関連症状

  • ① 矯正装置による不快感、痛みがあります。数日から1、2週間で慣れることが多いです。
  • ② 歯の動きかたは個人差があります。ことに大人の場合は子供より歯の動く速度は大変遅くなります。歯の動き方によっては治療期間が大幅に延長することがあります。
  • ③ 歯を動かすことにより歯根が吸収され短くなることがあります。また、歯茎が痩せて下がることがあります。
  • ④ ごく稀に歯が骨と癒着して歯が動かないことがあります
  • ⑤ ごく稀に歯を動かすことで神経に障害が出ることがあります
  • ⑥ 装置をつけることによって口腔内の不衛生域が拡大し、自浄作用が低下します
  • ⑦ 「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ⑧ 金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  • ⑨ 歯の形を修正したり、かみ合わせの微調整を行う可能性があります。
  • ⑩ 上記の問題のため、治療計画の変更の可能性が出ることがあります。

  •  ・治療後に起こる問題点

  • ① 装置撤去時にエネメル質に微小な亀裂が入る可能性やかぶせ物の一部が損傷する可能性があります。
  • ② 現在のかみ合わせにあった状態のかぶせ物やむし歯の治療などをやり直す可能性があります。
  • ③ 保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ④ 顎の成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ⑤ 親知らずの影響で凸凹が生じる可能性があります、加齢や歯周病により歯を支えている骨が痩せるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。
  • ⑥ 上記のような理由から再治療が必要な場合もあります。
・治療に対する協力の重要性
  • ① 動的治療時の通院の頻度は3週間から4週間ですが、頻度が増える時期もあります。
  • ② 次の治療日については、予約時に日程、曜日、時間を確認してください。
  • ③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院など矯正歯科治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に大変影響します。
  • ④ 可徹式装置の使用頻度、使用時間、取り扱いを説明しますので、守ってください。
  • ⑤ 保定装置は指示通りに使用して下さい。その洗浄方法も説明します。
・口腔衛生管理の重要性
  • ① 現在の口腔清掃状態を提示した上で、口腔状態にあった清掃方法をお教えします。
  • ② 現在のう蝕・歯周疾患の状態を提示します。必要があれば、歯科での治療を優先します
  • ③ 治療中は装置が付いているため、歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメインテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えてくることもあります。口腔衛生管理は毎日のことですので、自己管理が重要です。ご本人ができなければ、保護者の方にお願いすることもあります。