〒500-8286
岐阜県岐阜市西鶉1-29-1
アクセスマップはこちら
TEL:058-274-4598
FAX:058-274-4644
[診療時間]
10:00~12:00
15:00~20:00(土曜日14:00~19:00)
[定休日]
月曜日(臨時診察もあります)、
木曜日、日曜日、祝日
日本臨床矯正歯科医師会

症例

下記の症例があります。参考にしてください。



上顎前突 * 非抜歯 * 10歳5か月

上顎前突 * 非抜歯 * 9歳1か月 

上顎前突 * 抜歯 * 18歳3か月 

上下顎前突 * 抜歯 * 25歳6か月 

上顎前突 * 抜歯 * 20歳5か月 

上顎前突 * 抜歯 * 12歳8か月 

上顎前突* 非抜歯 * 15歳10か月 





   



叢生 * 非抜歯 * 8歳10か月 

叢生 * 非抜歯 * 6歳3か月 

叢生 * 非抜歯 * 10歳8か月 

叢生 * 抜歯 * 7歳4か月
叢生 * 抜歯 * 20歳0か月 

叢生 * 非抜歯 * 23歳7か月 

下顎前突 * 非抜歯 * 8歳11か月 

下顎前突 * 非抜歯 * 9歳8か月         

下顎前突 * 抜歯 * 7歳9か月 

下顎前突 * 非抜歯 * 30歳5か月     




開咬(切端) * 非抜歯 * 10歳7か月 

開咬 * 抜歯 * 23歳0か月    

裏側矯正 * 叢生 * 非抜歯 * 26歳7か月

ムーシールドの効果 

マイオブレイスの効果 

HG・バイオネーターの効果 

HG・ポジショナーの効果   

RPE

上顎前突 * 抜歯 *10 歳10か月(開始年齢)

上顎前突を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(4か月)
②生え変わりを待つ(1年8ヶ月)
③上下左右4番目の歯を抜歯し、ブラケットで綺麗に並べる(2年10か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

綺麗に並べる隙間がないため、抜歯をすることになりました。

結果、口元の突出感もなくなり安定しています。

上顎前突や、上下顎前突の方は非抜歯で並べると口元が出て見た目に違いが出たり、歯並びが安定しにくくなります。

骨格改善をしている方も含め、低年齢から始めている方は、成長により口腔内の状態が変化していくため、定期的に検査・診断をし、最適な治療計画をお伝えしています。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

装置除去時
装置除去時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

上顎前突 * 非抜歯 * 9歳1か月(開始年齢)

上顎前突と過蓋咬合を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(7か月)
②生え変わりを待つ(1年2ヶ月)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年6か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

個人差はありますが、この患者さんは隙間を確保できたため、永久歯を抜かなくてもきれいに並べることができました。
また、12歳臼歯までしっかりと並べることができました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

装置除去時
装置除去時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

上下顎前突 * 抜歯 * 18歳3か月(開始年齢)

上下顎前突と叢生を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(2か月)
②上下左右4番目の歯を抜歯(計4本)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年2か月)
④リテーナーを使用し、保定開始
⑤下の親知らず(2本とも)を抜歯
⑥矯正治療 終了(保定開始より約3年)

成長が止まると骨格改善ができないため、抜歯か非抜歯の選択が重要になります。
抜歯をしたことにより、口元の突出感もなくなり、自然に口が閉じられるようになりました。
さらに、親知らずを抜歯することで、より安定しました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

ブラケット装着時
ブラケット装着時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

最終資料時

最終資料時
最終資料時

上下顎前突 * 抜歯 * 25歳6か月(開始年齢)

上下顎前突を主訴に来院されました。

①QHですき間を作る(6か月)
②上顎左右4番目の歯を抜歯(計2本)
③上顎のみブラケットを装着する
④BHですき間を作る(2か月)
⑤下顎左右4番目の歯を抜歯(計2本)
⑥下顎にもブラケットを装着する(2年6ヶ月)
④リテーナーを使用し、保定開始(2年2ヶ月)
⑤矯正治療 終了


抜歯をしたことにより、口元の突出感もなくなり、自然に口が閉じられるようになりました。

保定装置を使用しなくても歯並びが安定した状態で終了となりますが、矯正治療が終了しても綺麗な歯並びをずっと維持するため、できるだけ使用してもらうようお願いしています。

矯正開始時

最終資料時
最終資料時

装置除去時

最終資料時
最終資料時

最終資料時

最終資料時
最終資料時

上顎前突 * 抜歯 * 20歳5か月(開始年齢)

上顎前突を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(3ヶ月)
②上下左右4番目の歯を抜歯(計4本)
③ブラケットで綺麗に並べる(2年7か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

すきまがなく、その分かなり上の前歯が飛び出していました。年齢が高いため、必要なすきまが確保できないため、抜歯をしました。

口元が中に入り、横顔のラインにかなり変化が見られました。

口元が出ていると、上手く口が閉じられないため、歯周病や虫歯などのリスクが高くなります。

また口呼吸の弊害を正したりなど、歯列の矯正には見た目の美しさを得るだけではなく、様々なメリットがあります。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

矯正開始時
矯正開始時

上顎前突 * 抜歯 * 12歳8か月(開始年齢)

過蓋咬合と叢生を主訴に来院されました。

①スプリントを使用し、咬み合わせを調整する(3か月)
②QH,BHですき間を作る(1年)
③生え変わりを待つ(2ヶ月)
③上下左右4番目の歯を抜歯(計4本)
④ブラケットで綺麗に並べる(2年1か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

叢生量も多く、年齢も高かったため、抜歯をして並べました。
咬み合わせも安定し、前歯で物を噛めるようになりました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

矯正開始時
矯正開始時

上顎前突* 非抜歯 * 15歳10か月(開始年齢)

上顎前突を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(6か月)
②ブラケットで綺麗に並べる(1年6か月)
③リテーナーを使用し、保定開始

叢生量が少なかったため、永久歯を抜かなくてもきれいに並べることができました。
しかし、奥歯に軽度の虫歯ができたため急いで並べ、外しました。

固定式の矯正装置が入ると、どうしても磨きにくくなり、虫歯になる可能性が高くなります。

処置時のクリーニングと併用し、お家での歯磨きも今まで以上に頑張りましょう。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

叢生 * 非抜歯 * 8歳10か月(開始年齢)

叢生を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(1年4か月)
②ブラケットで綺麗に並べる(4年1か月)
③リテーナーを使用し、保定開始

本人と家族の希望により、永久歯を抜かずに並べました。

除去後の咬み合わせが浅めなので、後戻りが起きないよう注意が必要です。
12歳臼歯が生えてくるのを待っていたため、時間がかかりました。

本来、抜歯をして並べるべき状態の場合、12歳臼歯(7番)が歯茎の中で傾いてしまったり、生えてこないことがあります。

当院のHP内の「抜歯について」に詳しく記載してありますので、参考にしてください。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

叢生 * 非抜歯 * 6歳3か月(開始年齢)

叢生を主訴に来院されました。

①プレートを使用しすき間を作る(2年11か月)
②QH,BHですき間を作る(1年2か月)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年11か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

低年齢から始め、プレートで十分すき間もできたため、永久歯を抜かなくてもきれいに並べることができました。

プレートは取り外し可能な装置です。側方歯がぐらぐらしてなく、歯の角度など制限があるため、低年齢でも使えない場合があります。

気になる方は、乳歯がまだ生え変わる前に、一度相談を受けることをオススメします。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

ブラケット装着時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

叢生 * 非抜歯 * 10歳8か月(開始年齢)

上顎前突と叢生を主訴に来院されました。

①HGを使用し骨格の改善(9か月)
②QH,BHですき間を作る(10か月)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年5か月)
④リテーナーを使用し、保定開始(保定開始より6年2か月)

骨格が改善し、すき間もできたため、永久歯を抜かなくてもきれいに並べることができました。
また、咬み合わせも安定し、口元の突出感もなくなりました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

叢生 * 抜歯 * 7歳4か月(開始年齢)

叢生を主訴に来院されました。

①プレートを使用し、すき間を作る(1年5か月)
②QH,BHですき間を作る(1年1か月)
③ブラケットで綺麗に並べる(保定まで計1年10か月)
④上下左右5番(計4本)を抜歯し、再度並べる
⑤リテーナーを使用し、保定開始

小さいころから矯正を始めると、プレートなどの取り外し可能な装置が使えるメリットがあります。
この患者さんは、最初、非抜歯を選択され、ある程度並べましたが、口元の突出感が気になったため、途中で抜歯に変更されました。
当院では、このように定期的に経過観察・検査・診断を行い、また患者さん(家族の方)と話し合い、適切な治療方法を考えています。 

矯正開始時

矯正開始時

装置除去時

装置除去時

叢生 * 抜歯 * 20歳0か月(開始年齢)

上下顎前突と叢生を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(4か月)
②上下左右4番を抜歯(計4本)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年11か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

でこぼこの量も多く、成長も止まっているため、抜歯をして並べることになりました。
咬み合わせも安定し、口元の突出感もなくなりました。
また、口を閉じるとできていたあごの力こぶがなくなり、顔立ちにも変化が見られました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

叢生 * 非抜歯 * 23歳7か月(開始年齢)

叢生と上顎前突を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(6か月)
②ブラケットで綺麗に並べる(1年1か月)
③リテーナーを使用し、保定開始

叢生量も少なく、すき間も確保できたため、永久歯を抜かなくてもきれいに並べることができました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

下顎前突 * 非抜歯 * 8歳11か月(開始年齢)

下顎前突と叢生を主訴に来院されました。


①フェイシャルマスクを使用し骨格の改善をする、SLAで調整する(3年)
②ブラケットで綺麗に並べる(1年2か月)
③リテーナーを使用し、保定開始

骨格も改善したため、後戻りもなく安定しています。
受け口っぽさもなくなり、顔立ちにも変化がでました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

下顎前突 * 非抜歯 * 9歳8か月(開始年齢)

下顎前突を主訴に来院されました。


①チンキャップとムーシールドを使用し骨格の改善をする(5ヶ月))
②QH、BHですき間を作る(7ヶ月)
③生え変わりを待つ(4ヶ月)
④ブラケットで綺麗に並べる(2年2か月)
⑤リテーナーを使用し、保定開始)
⑥MFT(舌癖トレーニング)を開始する

下顎前突(受け口)の場合、骨の成長が止まると骨格改善ができなくなるため、ひどい場合は手術を併用した矯正治療が必要となります。

そのため、健診などで下顎前突や切端咬合などと指摘されたら、早めに矯正歯科に相談しましょう。

この患者さんは、低年齢から治療を始めたため、骨格改善ができ綺麗に並べることができました。

ただ、下顎前突に多くみられる舌癖が残っていたため、装置除去後にMFTを行っています。

当院では、数年前よりMFTを導入しており、今後も積極的に効果を上げていきたいと思います。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

下顎前突 * 抜歯 * 7歳9か月(開始年齢)

下顎前突と叢生を主訴に来院されました。


①ムーシールドとチンキャップを使用し骨格の改善をする(6ヶ月)
②QH、BHですき間を作る(4ヶ月)
③生え変わりを待つ(1年11ヶ月)
④ブラケットで綺麗に並べる(2年3か月) ※途中で上下左右5番を抜歯
⑤リテーナーを使用し、保定開始

通常だと下顎前突(受け口)の場合だと、非抜歯で並べる方法が多いです。

この患者さんの場合、①の早期治療で効果は出ましたが、永久歯が大きいため抜歯する選択をしました。

定期的にレントゲンなどの検査を行い、最適な治療方法をお伝えし、ご家族と一緒に決定しています。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

抜歯後

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

下顎前突 * 非抜歯 * 30歳5か月(開始年齢)

下顎前突と過蓋咬合を主訴に来院されました。


①ブラケットで綺麗に並べる(5年6か月)
②リテーナーを使用し、保定開始

歯並びが良くなり、顔立ちにも変化がでました。
正常な咬み合わせになることで、前歯で物が噛みやすくなります。
また、しっかり装置を使用することで、除去後の歯並びの安定につながります。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

開咬(切端) * 非抜歯 * 10歳7か月(開始年齢)

開咬と叢生を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(6か月)
②生え変わり待ち(5か月)

③ブラケットで綺麗に並べる(1年8か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

正常な咬み合わせになることで、前歯で物が噛めるようになりました。
開咬(切端)の場合は、舌癖が大きく影響しています。
当院では、必要に応じて舌癖を治すトレーニングも矯正治療と併用し行っております。
生え変わりの時期を目安にトレーニングを行うと効果的です。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

開咬 * 抜歯 * 23歳0か月(開始年齢)

開咬と叢生を主訴に来院されました。

①QH,BHですき間を作る(5か月)
②上下左右4番目の歯を抜歯(計4本)
③ブラケットで綺麗に並べる(1年1か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

この患者さんのように顎が小さく歯が大きい方は、デコボコになりやすい傾向があります。
叢生量が多く、十分なすき間が確保できないため、抜歯を選択されました。
正常な咬み合わせになることで、前歯で物が噛めるようになりました。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

装置除去時

装置除去時
装置除去時

裏側矯正 * 叢生 * 非抜歯 * 26歳7か月(開始年齢)

叢生を主訴に来院されました。

①裏側用のブラケットで綺麗に並べる(1年9か月)
④リテーナーを使用し、保定開始

当院では裏側の矯正も行っております。
ただし、上下左右7番目(12歳臼歯)が生えている方に限られます。
また、口腔内の状態により裏側での矯正ができない場合もあります。
表側の矯正よりも時間はかかりますが、目立たない装置で治したい方にはオススメです。

矯正開始時

矯正開始時
矯正開始時

治療途中

治療途中
治療途中

装置除去時

装置除去時
装置除去時

ムーシールドの効果

ムーシールドは、受け口の改善に使用します。
骨格改善ができる低年齢の方が対象になります。
この患者さんは、3ヶ月で効果が現れました。


※ただし、今後成長するにつれて顎の成長や永久歯の大きさにより口腔内は変化します。
最終的にブラケットをつけて、綺麗に並べていきます。

矯正開始時

装置除去時
装置除去時

途中経過

装置除去時
装置除去時

マイオブレイスの効果

マイオブレイスは、横幅を広げたり下顎を前に成長させたり噛みこみを浅くするなどいろいろな効果があります。
骨格や年齢を判断し、この装置が適しているのか、また使用する場合適切な時期がいつなのかを決めていきます。
この患者さんは、4ヶ月で効果が現れました。


※ただし、今後成長するにつれて顎の成長や永久歯の大きさにより口腔内は変化します。
最終的にブラケットをつけて、綺麗に並べていきます。

矯正開始時

装置除去時
装置除去時

途中経過

装置除去時
装置除去時

HG・バイオネーターの効果

バイオネーターは、下顎を前に成長させたり、咬み合わせを調整する効果があります。

この装置はHGと併用することが多いです。


骨格や年齢を判断し、この装置が適しているのか、また使用する場合適切な時期がいつなのかを決めていきます。
この患者さんは、10ヶ月で効果が現れました。


※ただし、今後成長するにつれて顎の成長や永久歯の大きさにより口腔内は変化します。
最終的にブラケットをつけて、綺麗に並べていきます。

矯正開始時

装置除去時
装置除去時

途中経過

装置除去時
装置除去時

HG・ポジショナーの効果

     

ポジショナーは、横幅を広げたり下顎を前に成長させたり噛みこみを浅くするなどいろいろな効果があります。

生え変わり待ちの期間にこの装置を使用すると、ある程度理想的な位置に歯が動くため、ブラケットの期間が短くなるメリットがあります。
骨格や年齢を判断し、この装置が適しているのか、また使用する場合適切な時期がいつなのかを決めていきます。
この患者さんは、1年1ヶ月で効果が現れました。


※ただし、今後成長するにつれて顎の成長や永久歯の大きさにより口腔内は変化します。
最終的にブラケットをつけて、綺麗に並べていきます。

矯正開始時

装置除去時
装置除去時

途中経過

装置除去時
装置除去時

RPE(ラピッド)での拡大の効果

この装置は非抜歯での治療を強く希望されているが、理想的なすき間が他の装置で確保できない場合に特別に使用していきます。

この装置は取り外し不可能な装置で、ネジを回し上顎の骨を一時的に骨折させて幅を広げます。


RPEの適している時期は、上顎左右4番が完全萌出し、上顎左右7番が萌出する前が理想です。

早すぎても遅すぎても良くないため、使える方が限られます。(小学生のうちに始められる方で非抜歯を希望の方は多くみえますが、その場合は他の装置で十分なすき間を確保できるため、この装置を使うことはありません。)

矯正開始時

RPEセット時

途中経過(セットより12日後)

拡大終了(セットより19日後)

矯正装置除去時

矯正治療終了時